システム開発ソリューション

お見積りの考え方

お客様がシステム開発会社に見積り依頼をする際、工数の単位となる「人月」についての考え方をご紹介。

システム費用見積りの単位「人月」

システム開発の費用見積りは一体どのようにして行われているのでしょうか?
通常は、そのシステムを作るまでに何人の人がどのくらいの時間をかける必要があるかを算定してはじき出す方法で計算します。平均的なプログラマ3人が3ヶ月で作る場合には「9人月」と呼び、「1人月」つまり、1人のプログラマが1ヶ月働いた場合にかかる費用が80万円だとすると、3人×3ヶ月×80万円=720万円、となるわけです。なお、「1人月」とは1人のプログラマが1日あたり8時間、合計20日間働いた場合を指します。このように「人月」とは「人数×月」を意味し、システム開発に必要な人数と、月で表した一人あたりのシステム開発期間の掛け合わせたものです。

「人月」の内訳について

それでは、なぜ3人の人で3ヶ月かかると計算されるのでしょうか?
それは、具体的にやる作業を一つ一つ洗い出し、○○の設計には2人日(2人×1日 or 1人×2日)、制作には4人日、テストには0.5人日、と積み上げていくからです。
ですので、システム開発を依頼した方は、それぞれの工程の設計・制作・テストにどのくらい人日が必要で、全体でどのくらいの人日になるのか?というのがハッキリと分かるのです。
なお、このようなお見積りは、実際にシステム開発を依頼する場合には必ず出てきます。稀に出さないで総額だけ言ってくる会社がありますが、強い信頼関係が前提になっていて省略されているならともかく、初めて付き合う所であるなら、見積りがしっかり出せないところには絶対に頼まないようにしましょう。

システム開発における人月単価の相場

ちなみに、プログラマ1人が1ヶ月働く費用、つまり1人月の費用は現在では平均80~100万円程度になっています。またお客様との折衝やシステム設計をおこなうシステムエンジニアについては更に高く平均120~180万円程度になります。(現在はシステム開発に対する需要が高い為、日々高騰している状況です)。
なお、大手システム会社の場合、通常、子会社や孫会社、更には委託会社へと仕事を投げる場合が多いため、受注単価と下請け会社に対する発注単価での差益を稼ぐため、1人当たりの単価がかなり高く設定される場合があります。
このような場合は当然、「単価が高い=質が高い」という事にはならないのですが、実際には営業マンに「単価が高いのは質が高いから」と言われて、「そこの会社の名前が有名だから…」と言う事で納得している方がとても多いのは残念な事です。

相談無料!お気軽にお問い合わせください!

[受付時間:平日9:30~18:30]