システム開発ソリューション

システム開発会社
選定のポイント

システム制作会社は無数にあれど、「こんなシステム会社だけには仕事を依頼してはいけない!」というのをまとめてみました。値段が安かったので依頼して見たところ、問題が発生し、当社に相談されるお客様も多数います。このようなことを避けるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

こんなシステム開発にお困りではないですか?

お見積りの内訳を教えてない会社
お見積りの内訳を教えないのは、依頼者の方がシステム開発に無知な事を良い事に、高めのお見積りを出している可能性があります。仮に見積りを出してきても、明らかに怪しいと思う費用にはどんどん説明を求めるようにしましょう。説明の内容が分からなくても、あきらかに苦しそうな説明をしているようであれば、それはかなり怪しいお見積りだと考える事が出来ます。
専門用語ばかりで何を言っているかわからない会社
このような会社に仕事を依頼すると、コミュニケーションがうまく取れずに、本当に自分たちが作りたかったシステムが出来ない可能性が高いです。こちらが説明しても、最終的には「そんなの技術的に難しい」とか「システムを分かる人であれば誰でもこうするのが常識です」などと、終始先方のペースで進んでしまいますので、こういったところに依頼するのは避けましょう。
不具合のシステムを納品しても平気な会社
ありえない事と思うかもしれませんが、個人事業主や体制が不十分な開発会社で散見されます。お見積りが安いので依頼したところ、機能が抜けていたり不具合が発生した際の対応が悪かったり追加費用を請求されたりするケースが多数あります。このような会社を見分けるのは難しいですが、開発の人員体制やバックアップ体制を確認し、不安を感じる個人事業主や開発会社は避けたほうがよいでしょう。
追加費用を何度も請求してくる会社
最初のお見積りが他社より安かったので依頼したところ、開発の途中で、追加見積りを出してくる会社があります。確かに、システムの大きな変更や、元々予定していなかった機能の追加、または、システムの作り直しが必要となる変更などに対しては、追加費用がかかるのは一般的です。しかし、単純にお見積りに忘れていた項目に後から気づいて、それとなく追加で請求したり、些細な追加や変更でも、十分な理由もなく追加費用を要求してくる会社は要注意です。このような会社を避けるためには、金額だけで判断するのではなく、お見積りの項目の詳細を、しっかりと聞いておき、どのような場合に追加費用が発生するか、事前に確認することが重要です。
大人数で打ち合わせに来る会社
大人数で来ると言う事は、それだけコストがかかっているという事です。人件費がとても高いというのは、経営者の方であればご存知の通りです。たとえば月給40万円の社員が1日に2件訪問するとしたら、40万円÷20日÷2=1万円についているわけです。それが4人も5人もいたら、1回あたりの人件費は4~5万円となり、更にそれに交通費や利益が加わる為、1回来るたびに10万円以上のコストがかかっている事になります。そして、このようなコストアップの費用を誰が支払うかといえば、それは間違いなくシステムを発注をする顧客なのです。いつも大人数でくる会社は、相当な打ち合わせコストがかかっていて、それが顧客の側に転嫁されている可能性が高いことを、念頭に入れておきましょう。

相談無料!お気軽にお問い合わせください!

[受付時間:平日9:30~18:30]